クレジットカード

LCCでマイルを貯める クレジットカードはどこがよいか。おすすめの4枚を解説

LCC(格安航空会社)を利用するときにマイルを貯めることができるのでしょうか。
LCCでは、独自の会員プログラムを使っているところが多く、マイルは貯めにくいです。
しかし、選択するクレジットカードによっては、LCCを利用しても選んだクレジットカードと提携している航空会社のマイルを貯めることができるケースもあります。
今回は、その中でもおすすめの4枚を紹介します。

ジェットスター利用者ならJALカード

LCCの中でもマイルを貯めることができる航空会社として知られているのが、ジェットスター・ジャパンです。
ジェットスター・ジャパンの航空券を購入する際に「ちゃっかりPlus」または「しっかりMax」のオプションとしてJALマイルを選択していれば、JALマイルを貯めることができます。
また、貯まったJALマイルを利用して、ジェットスター・ジャパンの無料航空券を発行することも可能です。
ジェットスターの航空券購入も通常のショッピングと同じ扱いになるので、100円で1マイル貯めることができます。
ただし、ボーナスマイルなどはないので、JALカードの種類はどれでもよいです。
空港のカードラウンジは利用する航空会社に関係なく使うことができるので、空港ラウンジを利用したいという場合にはゴールドカードを持つのも1つの方法です。

バニラエア利用者ならANAカード

バニラエアを利用したいのであれば、ANAカードが必須です。


バニラエアは、航空会社を利用してマイルを貯めることはできませんが、ANAマイルを利用して、バニラエアの特典航空券を取得することができます。
ANAのマイレージバンクがないと、マイルを使うことができないのでANAカードを保有するのがおすすめです。
もちろん、バニラエアの航空券購入でも100円で1マイルを加算することができます。

LCCであっても航空会社のカードであれば100円の支払いで1マイル

LCCを利用しても、フライトマイルはジェットスター・ジャパンを除くとほとんど貯めることができません。
しかし、ショッピングによるマイルは別です。
カードを利用して商品を購入すると100円につき、基本は1マイルを貯めることができます。
これはANAカードでも、JALカードでもほとんど同じです。
あとは、カードの付帯されているポイントアップでどの程度まで還元率を高めることができるかになります。
カードを選ぶ基準としては、LCCを利用してマイルを貯めるというよりも、LCCの航空券を購入して得たマイルで、どの会社を使うのかを基準に選んでもよいでしょう。

LCC利用で確実にマイルが貯まるデルタ航空

LCCを利用して、確実にマイルを貯めたいのであれば「デルタ スカイマイル JCBテイクオフカード」です。


アメリカのデルタ航空では、「ニッポン500マイルキャンペーン」を行っており、毎年継続がされています。
このマイルを貯めるには、スカイマイル会員になっていれば貯めることができますが、使うためには提携のクレジットカードを持っている必要があります。
「デルタ スカイマイル JCBカード テイクオフカード」であれば、年会費が1,500円と安く、カード維持手数料を安価に済ませることができます。
日本国内線のLCCであれば、1フライトにつき500マイル、4月から翌年3月までの間に10フライトまで加算可能です。
もし、10フライト以上になるのであれば、「デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」もおすすめで、こちらは年会費が26,000円と高くなるものの、年間40フライト(最大20,000マイル)まで加算可能になります。


ゴールドカードなので、空港のカードラウンジも利用することができます。
貯めたマイルは、デルタ航空または提携しているスカイチームの航空会社の航空券に使うことができるので国際線ばかりと思われがちです。
しかし、デルタ航空は日本のスカイマークと提携しているので、スカイマークの航空券と交換することができます。
また、航空券にしなくても1マイル1円の換算で、JTB旅行券にすることもできます。
スカイマイルを貯めておいて、JTBの旅行券にし、どこか旅行へ行くときの費用を一部負担してもらうというのもよい方法です。

国内LCC唯一のクレジット機能付きポイントカードを持つピーチ・アビエーション

関西国際空港をベースに展開しているLCCのピーチ・アビエーションでは、日本国内の格安航空会社で唯一、自社のクレジット機能付き会員カードを発行しています。


Peach Cardと呼ばれているもので、ピーチポイントのプレゼントのほかに、カードを利用すると貯まるクレジットカード会社のポイントをピーチポイントに移行することができます。
また、年に2回行われる航空券のカード会員限定セールにも参加することができます。
マイルのように距離によってポイントを貯めることができるルールとは異なるので、マイルが貯まるとは言いにくいですが、ピーチを頻繁に利用するのであればポイントを貯めて、各種の割引に利用することができます。

まとめ

  • LCCを利用してマイルは貯まりにくいが、ジェットスターを利用するならJALカードがおすすめである。
  • バニラエアの特典航空券はANAマイレージ会員だと発券できるのでANAカードがおすすめである
  • デルタ航空のスカイマイルは、日本国内線であればLCC利用であってもキャンペーンの利用で500マイル貯めることができるので「デルタ スカイマイル JCBカード テイクオフカード」を持っているとよい。
  • ピーチ・アビエーションは唯一自社ブランドのクレジット機能付きカードがあるが、マイルを貯めることができず、自社で利用できるポイントを貯めることができる。

関連記事

  1. マイル(マイレージ)の貯め方【初心者でも確実に年間10万マイル貯めるこ…

  2. SPGアメックスの審査難度【審査期間は?年収は?学生や主婦でも審査通過…

  3. 20代でセミリタイアを達成した方法とプロセス

  4. アシアナ航空のマイルの貯め方

  5. 税金のクレジットカード払いでポイントやマイルを貯める方法【メリット・デ…

  6. Amazonポイントの効率の良い貯め方は何か!徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP