マイルの使い方

ANAマイル 家族や友人に譲渡はできるのか やり方とルールを解説

マイルを貯めているとマイルが余ってしまったり、逆にちょっと足らなかったりというケースがあります。
こうしたときにマイルをもらったり、誰かに譲ったりすることができると便利だなと思うのですが、ANAマイルでは、そのようなことはできるのでしょうか。
また、どこまでの範囲であれば譲ることができるのかやり方とルールを徹底解説します。

ANAマイルを譲渡する

ANAマイルの譲渡範囲は

ANAマイルの状態で、譲渡することはできますが、利用できるのは「家族のみ」です。
それも「生計を同一にし、かつ同居する配偶者および一親等内の家族」に限定されています。
この範囲内であれば、マイルを譲渡して使い合うことができます。

ANAファミリーマイルへ入会

家族内でマイルを譲渡し合うときには手続きが必要になります。


ANAのホームページからファミリーマイルに登録をしていく人を順に入力していきます。
ANAファミリーマイルに登録をするのに手数料や年会費は必要ありませんが、登録時に家族であることを証明できるような公的書類を提出しなければいけません。
参加できるのは日本在住のANAカード会員および、その家族で生計を同一にし、同居する配偶者・同性パートナー、一親等内の家族が対象となります。

ANAファミリーマイルへの入会手順について

ANAファミリーマイルに入会するためには、手順があります。
まず、家族の代表となる人がANAカードを保有していなければいけません。
ANAカードとは、クレジットカード機能がついており、カードの表面にANA CARDと記載されているもので、提携している会社が発行しているカードやANA MILAGE CARDと記載されているものとは異なります。
このANAカードを保有している人がプライム会員として登録している必要があります。
プライム会員が決定したら、その会員に対して子会員として、登録していきます。
登録はANAのホームページから簡単にすることができます。
これで譲渡の準備は完了です。

どのように譲渡されるのか

ANAマイルの場合、譲渡というよりは合算して使うというのが正しくなります。
ファミリーマイルに登録すると親会員と子会員が貯めたマイルを合算して使うことが選択できます。
例えば、15,000マイル必要な特典航空券を発券したいときに親会員が12,000マイル、子会員が6,000マイル持っていれば、それぞれのマイルの中で、有効期限の古いものから順に利用されていくことになります。
複数の会員がいる場合でも同様で、それぞれの会員が貯めたマイルの古いものから順に使われ、新しいものは残ります。
マイルの減算基準は、

  1. 有効期限が近い順(口座年月が古い口座順)
  2. 減算マイル数が少ない口座
  3. プライム会員
  4. 家族会員
    となっており、有効期限が同じ場合には2、3、4という順に適用されていきます。
    航空券は親会員でも子会員でも、その人の名前で発券することが可能です。

日本国外在住の場合には「ANAマイレージクラブ ファミリーアカウントサービス」

ANAファミリーマイルは、日本国内に住所がある人しか利用することができません。
では、海外に住んでいる人はどうなるのでしょうか。
そうした人を救済する制度として「ANAマイレージクラブ ファミリーアカウントサービス(以下AFAサービス)」があります。
AFAサービスの場合には利用することができる範囲がANAファミリーマイルと異なり、以下の範囲になっています。
「日本国外在住のANAマイレージクラブ会員の方で、親会員(以降、プライム会員と記載します)、プライム会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内の家族の方、2名様以上8名様(プライム会員を含む)まで登録できます。」
ANAファミリーマイルとの大きな違いは2親等内までマイル譲渡の範囲が広がっているということです。

登録に手数料と条件がある

AFAサービスを利用するには、手数料が必要になります。(ANAファミリーマイルでは無料)
手数料は、1人の登録ごとに1,000マイルが必要で、プライム会員のマイル口座より引き落としとなります。
また、合算して利用できる特典も「ANA日本国内特典航空券」「提携航空会社の特典航空券」「ANA国際線特典航空券」「ANA国際線アップグレード特典」に限定されています。
登録できるのはANAマイレージクラブに登録されている住所が日本ではない人限定です。
マイルの減算は、ANAファミリーマイルと同じで

  1. 有効期限が近い順(口座年月が古い口座順)
  2. 減算マイル数が少ない口座
  3. プライム会員
  4. 家族会員

となります。
申し込みもインターネットから行うことが可能です。

航空券として譲渡する

航空券だと範囲が広がる

ANAマイルの状態では
「生計を同一にし、かつ同居する配偶者および一親等内の家族」
にしか譲渡することができませんが、航空券にすると費用範囲が広がります。
特典航空券の場合には
「会員ご本人様、会員の配偶者・同性パートナーおよび2親等以内のご家族がご利用になれます。」
となっているので2親等内まで特典航空券を利用することができます。

特典利用者登録が必要

ただし、だれでも無尽蔵に提供することができるわけではなく、特典航空券を利用する人は「特典利用者登録」をしなければいけません。


利用者登録は、条件に当てはまっている人であれば、すべて行うことができますが、最大が10人までです。
それ以上を超えて登録をすることはできません。
登録している人を削除して別の人を登録することもできますが、その際には、変更手数料として1名様あたり5,000マイルが必要になります。【戸籍上の変更(婚姻・死亡)に伴う特典利用者登録内容の変更・削除やスペルミスなどの修正の場合、変更手数料は必要ない。変更する際に戸籍上の変更を証明する公的書類が必要になる。】
よって、登録する人をどんどん増やしてしまうと後で削除するのにもったいないことになるので注意をしましょう。

予約は簡単選ぶだけ

譲渡する航空券を予約するのはとても簡単です。
プライム会員(親会員)がログインをして、ANAのホームページから特典航空券の予約に入り、航空券を検索し、予約します。
その後、航空券の利用者を選ぶところで「特典利用者登録」がされていれば、選ぶだけで完了します。
国際線に乗るときには、パスポートのローマ字表記と航空券のローマ字表記が一致している必要があるので、登録するときに間違えないようにしましょう。
また、特典利用者登録をする時には、人によって公的な書類の提出を求められる可能性があるので、航空券の予約をする前に行っておくのがよいです。

友人や知人への譲渡はできるのか

では、ANAマイルを友人や知人といった親族以外に譲渡する方法はないのでしょうか。
条件付きですが、できないことはありません。

ANA SKYコインなら条件付きで可能

まず、1つ目の方法がANAの電子マネーであるANA SKYコインを利用する方法です。


ANA SKYコインはANAマイルの1倍から1.7倍まで会員のランクによって交換することができる電子マネーです。
ANA航空券の支払いやツアーの支払いに使うことができます。
その中でも、国内ツアーと海外ツアーに関しては、ANA SKYコイン保有者かその配偶者が申込者となっていれば他の人の代金を支払うことができます。
手順としては、ANA SKYコイン保有者の名前で国内ツアーまたは海外ツアーの申し込みをします。
そしてツアーの中に友人や知人を含めてしまい、一緒に申し込みをします。
こうすれば、実質、マイルを利用して友人・知人の分を発券したことと同じになります。
ただし、適用される範囲がツアーに限定されているので、航空券だけ発券したいという場合には使うことができません。
また、ANAマイルからANA SKYコインへの交換率は1.0倍から1.7倍までしかないので、マイル単価から考えても、そこまで効率の良いものとは言えません。

マイルを楽天Edyに交換して航空券を買う

友人や知人に譲渡する方法として、航空券であれば、楽天Edyを使うやり方もあります。


ANA SKYコインの時と同様に、マイルを電子マネーに交換して、友人、知人名義で発券した航空券の決済をします。
これならば、確実に航空券の購入をすることができますが、欠点としてANAマイルから楽天Edyへの交換率は1マイルが1円分にしかなりません。
そのため、交換率があまりよくないデメリットがあります。
さらに、楽天Edyへのチャージには上限があり、5万円までしかチャージすることができないので、高額な航空券(海外や上位クラスの航空券)を購入することはできません。
ちょっとうれしいこととしては、楽天Edyを使うと100円につき1マイル貯まります。
マイルを使っても、そのうちの1%が返ってくると考えることができます。

ポイントサイトを使っているなら移行段階で譲渡する

ANAマイルを貯めている人であれば、ポイントサイトを活用している人も多くいると思います。
ポイントサイトを利用してポイントを貯めているのであれば、ANAマイルにしてしまう前に譲渡してしまうのが良いタイミングになります。
では、どのタイミングで移行するのがよいのでしょうか。
気を付けておきたいのが、各ポイントサイトからANAマイルに交換するタイミングでは、「名義が同一でないといけない」といったような条件を付けられることが多いので適正ではありません。
また、ポイントサイトによっては、マイレージと同じで他人や第三者に譲渡することは認められていないケースもあります。
そのため、どこなら可能か事前に調べ、相手も同じアカウントを持っておく必要があります。

まとめ

  • ANAマイルは、ANAファミリーマイルに入会すれば、家族間に限ってマイルを譲渡し合って使うことができる。
  • 特典航空券にして譲渡する場合には、2親等内の親族まで範囲を広げることができるが、事前に利用者登録をしておかなければいけない。
  • ANA SKYコインや楽天Edyにしてから、ツアー代金や航空券代金を支払えば、実質マイルで航空券を第三者に提供することができるが、利用にはいくつかの条件があったり、マイルの還元率がよくなかったりする。

関連記事

  1. JALマイルで行くバリ島 方法と必要マイルを徹底解説!

  2. 必要マイル別に解説 マイルを貯めていける場所は?どこに行ける

  3. JALマイルの貯め方・裏技・使い方を徹底検証【年間20万マイル以上貯め…

  4. エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの違い【値段や広さ、…

  5. ANAマイルとJALマイルはどっちがお得か徹底比較!

  6. マイルのお得な使い方【何に交換するべき?】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP