マイル・ポイントの貯め方

転売ビジネスでマイルを貯める方法

通常転売ビジネスと言えばゲームや本を買って国内で売るせどりをイメージする人が多いと思いますがマイルを貯めるためにするべきは輸出転売ビジネスです。

それにはいくつかの理由があります。

    1. ライバルが比較的少ない
    2. 仕入れにクレジットカードを使える
    3. 消費税還付を受けることができる

ライバルが比較的少ない

せどりや輸入ビジネスは本業としてやっているライバルが多くマイルを貯める目的での転売でそのような人たちと戦っていくのは難しいです。

安定してマイルを貯められる頃には本業レベルに時間を掛けなければならずそれでは本末転倒です。

あくまで副業としてあまり時間をかけずマイルを貯めることが重要なのでライバルの少なさから輸出ビジネス推しです。

仕入れにクレジットカードを使える

これは何よりも大切なポイントです。 せどりや輸入ビジネスでは使えないことも多いです。

特に輸入ビジネスは現金仕入れが多くなります。 それに対し輸出ビジネスでは楽天やヨドバシカメラ、Yahooショッピングなど国内のショップモールやネットショップから仕入れることが多くなるためクレジットカード活躍の場面が他の転売ビジネスより多いです。

このことによりクレジットカードを活用したマイルを貯める方法を実践することが出来ます。

消費税還付を受けることができる

輸出で販売した商品は仕入れにかかった消費税が全てに返ってくるので実は輸入よりも利益を出しやすいです。 個人で事業を始めた場合2年間は消費税が免税になるのですが輸出ビジネスをする時は税還付を受けるために初年度からあえて課税事業者登録をするのがポイントです。

デメリットは?

  1. イメージが良くない
  2. リスクがある
  3. 学習コストがかかる

イメージが良くない

せどりほどではないですが転売という限りどこまで行ってもいやなイメージは付きまといます。

世の中の多くのビジネスは転売によって成り立っていますが転売と聞くとインフルエンザが流行る頃にマスクを買い占めたり、限定品のゲームを買い占めたり、人気アーティストのコンサートのチケットを売りさばく人をイメージする人もいるためでしょう。特にチケット転売はダフ屋行為で犯罪です。

しかし輸出転売とはそれらの世の中にとって害悪としかならない行為とは異なり日本の商品を海外に売り外貨を獲得することでエンドユーザーに取っても自分自身に取っても国にとってもメリットのある行為です。

あまり人に話す機会もないとは思いますが輸出転売をする場合はいらぬ誤解を生まないためにも輸出ビジネスをしていると言った方がいいかもしれません。

リスクがある

楽して稼げるほど世の中は甘くないわけで輸出転売にも多少のリスクはあります。

特に在庫を持つ場合は商品の選定が下手だと商品が売れずに売りさばくまでに値下がりして赤字になることもあります。

よほど素人でない限りこのような事態にはなりませんが今回「マイルを貯める」という目的において輸出ビジネスを本格的にやる人はいないという前提で考えるとなるべくリスクがない方が好ましくなります。

そのため輸出ビジネスの手法の中でも無在庫輸出という方法を推奨していますがこの手法では在庫リスクはなくなります。

代わりに発注キャンセルなどによるアカウント維持リスクが生まれますが金銭的損失を生むわけではありません。

学習コストがかかる

どうしてもある程度の学習コストはかかります。およそ100時間は必要だと思ってください。

しかし100時間で習得できてリスクの少ない副業というものはそれほど多くないと思います。

アフィリエイトなんかも副業として有名ですがある程度の結果を出すまでの学習時間として400時間はかかると思います。

マイルを貯めるだけであれば本を読んだりコンサルを受けるような必要はありません。

自分で試行錯誤する頭さえあればネットに落ちている情報だけでも十分です。

マイルを貯めるための転売戦略

マイルを貯めるための転売としては輸出ビジネスがいいということが分かりましたが目的は輸出ビジネスで利益を出すことではなくマイルを稼ぐことだと改めて認識して下さい。

マイルはクレジットカードを使えば貯まるので究極利益が0でもいいということになります。なお輸出には消費税還付のボーナスもあるのでそれを利益計算に入れていなければ利益も出ます。

消費税還付に関しては素人では難しいので本格的に行うのであれば税理士をつけることをおすすめします。

参照:あなたに合った税理士を無料で紹介してくれるサービス

そうなると通常輸出転売ビジネスで扱うのは利益率が10%以上のものになるのですが1-9%のあまりライバルがいないゾーンを狙うことが大切になります。 利益率が1-9%の商品は多くは有名メーカーの商品になるため在庫になることもほとんどありませんがさらにリスクを下げるために無在庫販売という手法を推奨しています。

アメリカやカナダのAmazonで商品を販売し売れたら日本ですぐに商品を仕入れて送る方法です。 在庫切れで商品をキャンセルするとアカウント凍結の恐れがあるのでその辺りは在庫を管理してくれるツールを使うか、多少赤字になろうとも他の所から仕入れる必要があります。

この手法を使えば年にどんなに少なくとも年5万マイルは貯められます。

※最近は一部の悪質な無在庫販売セラーによって無在庫販売が規制されていく流れにあるのでマイルを貯めるには初めから在庫を持って行う輸出ビジネスかあるいはアフィリエイトなど全く別の方法を推奨しています。

1年以上続けている人は10万マイルは貯められるのでポイントサイトを使ってマイルを貯める方法と合わせれば年間20万マイルは固いです。 要注意なのはANA系のクレジットカードでなければマイル移行年間8万マイルまでの制限が付いたカードが多いので仕入れに使うカードを選ぶ必要があるということです。もちろん複数枚使ってもOKです。

本格的に輸出ビジネスをしようと思うとクレジットカード仕入れではなく現金仕入れになって来るのであくまで副業の域を出ない方法でやることがマイルを貯める上では大切です。

関連記事

  1. アリタリア航空のマイルの貯め方

  2. ソラチカカードを使ったANAマイルの貯め方・活用術

  3. ユナイテッドマイル(Mileage Plus)の貯め方

  4. マイル(マイレージ)の貯め方【初心者でも確実に年間10万マイル貯めるこ…

  5. ANAマイルの貯め方・裏技・使い方を徹底検証【年間70万マイル以上貯め…

  6. 20代でセミリタイアを達成した方法とプロセス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP