マイルの使い方

楽天ペイでポイント獲得 貯め方・使い方を徹底解説

2016年にサービスが開始されてから利用者を増やしている楽天ペイ。
利用者と支払い可能店舗の増加で、数あるキャッシュレス決済の不動の地位を築きつつあります。そんな楽天ペイを上手に利用するには「楽天スーパーポイント」を関連させることがとても大切です。そこで楽天ペイとポイントの関係性、貯め方、使い方を解説します。

楽天ペイの基本知識

決済・チャージ方法

楽天ペイは、大手通販企業の楽天が提供しているキャッシュレス決済方式です。スマートフォンのアプリを使い、QRコードを提示するだけでお買い物をすることができます。支払い方式は、クレジットカードを登録しておいて支払いをする方式と事前にチャージをしておいて支払いをする方式の2つから選択することができます。

ポイント制度

楽天ペイを利用して貯めることができるポイントは「楽天スーパーポイント」です。
これが楽天ペイの良いところで、スマホ決済の中には独自のポイント制度を設けているところが多く、ポイントを貯めたとしてもそのアプリでしか使うことができないというデメリットがあります。
楽天ペイの場合には「楽天スーパーポイント」が貯まる仕組みになっているので、貯まったポイントは、他の楽天スーパーポイントと同じように使うことができますし、もちろんANAマイルに交換することも可能です。
このように一元化したポイント利用をすることができるのが楽天ペイのメリットになります。

使えるお店

楽天ペイは、どこでも使うことができるというわけではなく、利用することができる店舗が限られています。その店舗数のネットワークの弱さが楽天ペイのデメリットと言われていたのですが、最近では利用することができる店舗が増えているので、そこまでデメリットとは言えなくなってきました。
【代表店舗】

(詳細はリンク参照  https://pay.rakuten.co.jp/shop/

楽天ペイでポイントを貯める

楽天ペイで貯める

楽天ペイで効率よくポイントを貯めたいのであれば、まずは楽天ペイで決済することです。
バーコードやQRコードを利用して支払いをすると支払金額の0.5%がポイントとして付与されます。さらに楽天市場などのオンラインショップで利用した場合には、1.0%に付与率がアップします。
【例】
お店で1,000円の商品を購入して楽天ペイで支払いをする。
0.5%の付与率なので50ポイントが付与される。

クレジットカードと併用してポイントを二重取りする

ただ、楽天ペイを利用しているだけでは、獲得できるポイントの付与率が0.5%~1.0%しかないのでポイント還元率が良いとは言えません。
そこで、大量ポイント獲得の鉄則と言える「ポイントの二重取り」をします。
使うのは、楽天カードと楽天ペイの併用です。楽天ペイの支払いに楽天カードを紐付けしておくと、店舗での買い物の際には楽天ペイの還元率0.5%と楽天カードの還元率の1.0%が合算され、1.5%の還元率となります。楽天市場などのオンラインショップで買い物をした場合には、楽天ペイの還元率が1.0%とカードの還元率1.0%が合算されて2.0%となります。
マイラー目線で、ANAマイルに換算したとしても楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換率が50%であることから、100円あたり0.75%~1.0%となるので悪い数字ではありません。
でも、さらにポイントを増やすチャンスがあります。

実際の店舗はポイント三重取りが可能

楽天ペイでのポイントの稼ぎ方は二重取りだけではありません。実際の店舗限定ですが「三重取り」をすることができます。
やり方は、とても簡単で特別なものを用意する必要はありません。お店で商品を購入するときに楽天カードを提示して、楽天ペイで支払いをするだけです。
こうすることによって、楽天ペイの0.5%、紐付けされた楽天カードによる1.0%、さらに楽天カードを提示することで獲得できる1.0%の合計2.5%を獲得することができます。これだけあれば、ANAマイル換算でも1.25%となり、ANAカードを利用して買い物をするよりも多くのマイルを獲得することができます。

キャンペーンを活用してより多く獲得

今がチャンスの還元祭り

楽天ペイを利用し始めるのであれば、今すぐが最もお得です。
これは消費増税に伴うキャッシュレス還元制度があるためです。消費増税に伴う還元方法にはいくつかのやり方がありますが、楽天ペイの場合には、楽天スーパーポイントで戻ってきます。つまり、楽天ペイで還元されたポイントは、多くなるばかりではなく、マイルに交換することもできる非常に便利なものです。


今行われているキャンペーンは、2019年10月1日(火)から2019年12月2日(月)まで行われているもので、楽天ペイで決済を行うと楽天スーパーポイントが5%還元されます。さらに支払いにクレジットカードの楽天カードを設定しておけば、カード分で1%のアップ、お店で楽天ポイントを提示すればさらに1%獲得することができるので、最大7%のポイント還元を受けることができる大型キャン-ペーンです。
注意点は、店舗によって受けることができる還元率が異なり「キャッシュレス・消費税還元事業対象外店舗の場合のみ5%」となります。キャッシュレス・消費者関連事業対象の店舗だと3%になってしまいますが、安心してほしいのが、このお店の場合、キャンペーンとは別に2%が追加で還元されます。つまり、利用者は気にすることなく5%の還元を受けることができます。
このポイント還元は期間限定であり、消費増税に伴っているものでもあるので、ポイントを大量獲得するのであれば今がチャンスです。

スタートアップボーナスでまず1,000ポイント

楽ペイを利用するのであれば、まずはスタートアップボーナスで1,000ポイントをゲットしましょう。エントリーと最初の月に5,400円以上を利用する必要がありますが、これだけの条件を満たすだけで1,000ポイントを獲得することができます。獲得したポイントは、すぐに楽ペイにチャージして利用することができるので便利です。

友達紹介でポイントゲット

他にも楽ペイを友達に紹介してポイントを獲得する方法があります。
紹介をした人も100ポイント獲得することができますが、紹介された側も100ポイントの獲得ができます。一人あたり100ポイント獲得することができるので、たくさんの友達を紹介すれば、紹介するほどポイントを獲得することが可能です。

さまざまなキャンペーンが展開中

楽ペイは利用者を獲得するため、現在多くのキャンペーンを来なっています。12月までのキャンペーンでも、楽天ゴールドカードに入会して楽天ペイを利用すると50人に1人、全額還元キャンペーンなども行われています。
今後もさまざまなキャンペーンが実施されることが多く、こうした情報を見逃さないようにすることが大切です。告知はホームページやメールマガジンなどを利用して行われることが多いので、最新情報はしっかりとチェックしましょう。

まとめ

  • 楽天ペイで効率よくポイントを貯めるには、楽天ペイを使うだけでなく楽天カードと関連付けることによって多くのポイントを稼ぐことができる。実際の店舗であれば、さらに楽天ポイントカードのポイントも獲得することができる。
  • 消費増税の影響もあり、現在ぽいんtの還元キャンペーンが行われており、多くのポイントを獲得できる。
  • 楽天ペイで獲得できるポイントは、ANAマイルに移行することができるので、還元キャンペーンでポイントを獲得するとマイル還元率の面から見てもメリットが大きい。

関連記事

  1. LCCでマイルを貯める クレジットカードはどこがよいか。おすすめの4枚…

  2. ANAマイルの貯め方・裏技・使い方を徹底検証【年間70万マイル以上貯め…

  3. IHGリワーズクラブポイントを徹底解説 どう貯めて、どう使う?メリット…

  4. エアカナダのマイルの貯め方

  5. カードローンでマイルを貯める方法

  6. JGC修行って何?JALマイルを貯めるだけではない優遇を得られる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP