マイルの使い方

マイルを友人に譲渡する方法【航空会社別】

         

マイルを友人にあげたりもらったりしたいと思っている方は多いと思います。

しかしマイルの譲渡方法や条件は航空会社ごとに異なるのでこの機会にまとめました。

ANAマイル

ANAマイルは事前に特典利用者登録をすることで配偶者や2親等以内の親族の家族の人が利用することが出来ますがそれ以外の人に譲渡したい場合いくつか方法があります。

Skyコインに替えて譲渡

また配偶者や2親等以外の親族、例えば友人に譲渡したいという場合はスカイコインに変えることで譲渡可能です。

ただしこの方法は国内ツアーと国外ツアーにのみ使えます。

航空券だけを取得したい場合は使うことができないので注意してください。

Edyに替えて譲渡

Skyコインに変えて譲渡する方法以外にもEdyに変換して譲渡するという方法もあります。

こちらはツアー以外にも使えますがEdyの上限が5万マイルのためやや不便かもしれません。

ただしANAのカウンターに行くことで一時的に1日の決済上限額を20万としてくれます。

ポイントサイトを活用して譲渡

この方法は正確にはマイルを譲渡するわけではないのですがマイルに変換する前のポイントであれば.moneyというサイトを通すことでギフト扱いで他人にポイントを譲渡することができるのでそれをANAマイルに変換してもらうことで間接的に譲渡することができます。

例えばハピタスのポイントを譲渡する流れを見てみましょう。

ハピタスで貯めたポイントをドットマネーギフトコードに変換。

交換が完了すると以下のような内容が記載されたメールが届きます。

  1. 上記URLをクリックし会員メニューにログイン。 ※ドットマネーギフトコードのご利用にはAmebaへの会員登録(無料)が必要です。
  2. 《交換手続き情報》のURLからギフトコードを確認しギフトコードを入力。
  3. 「確認画面へ」ボタンを押し手順に従って登録手続きを進める。
  4. 完了すると交換したマネーを利用可能。

というわけで譲渡したい人にURLを教えて方法を説明すれば簡単に譲渡可能です。

Amazonギフトコードのような仕様です。

彼女や彼氏の分であればドットマネーのアカウントを作ってあげて登録手続きまで進めてあげた方が親切かもしれません。

ただし注意点があります。

ドットマネーの利用規約には禁止行為の事項に以下のような記載があります。

自らが保有するマネーを、第三者に対し共有、合算、譲渡、承継、貸与、質入れまたは担保供与その他の方法により利用させまたは処分する行為。

今回の場合ハピタスからもらったコードを他人が使うということで、この時点ではまだドットマネーを保有していないのでドットマネー自体の譲渡には当たらずどちらかというとハピタスの規約が関係してくる気がしますがハピタス側ではそのような縛りは特にありません。

ドットマネーギフトコード自体も譲渡を目的としてヤフオクなどで販売されているので現状問題ないと思いますがポイントサイトはルールが変わりやすいのでいつかポイントサイト経由で発行されたドットマネーの発行URLを他人が使うことが禁止されるかもしれません。

JALマイル

JALマイルもANAマイル同様いくつかの方法で間接的に譲渡可能です。

e-JALポイントとおともdeマイル割引を組み合わせる

JALにもANAのスカイコインと同じようなe-JALポイントというものがありますがこちらは特典航空券同様、配偶者または2親等以内の親族のみが対象となっています。

しかしおともdeマイル割引を組み合わせることで同じ飛行機で旅行する場合限定されますが彼女や友人の航空券代金を間接的にJALマイルで支払うことが出来ます。

おともdeマイル割引とは

おともdeマイル割引とは、国内線をJALマイレージバンク会員を含む2名~4名様までのグループで利用可能な運賃の割引システムのことです。 JMB会員本人は往復10,000マイルで利用可能で同行者は割引運賃にて航空券を購入可能です。 また、同行者は、家族・友人など誰でも利用出来ます。

そしておともdeマイル割引を利用すると同行者の航空券をJMB会員のe-jalポイントで支払うことが出来ます。

まとめると

  1. JALマイルをe JALポイントに交換する
  2. おともdeマイルで自分の分と、同行者の航空券を予約
  3. その支払いにe JALポイントを使う

ただしこの時のマイル価値は1マイル=1.5円ほどなので普段JALマイルを特典航空券に換えている人には少しもったいなく見えるかもしれません。

ただ今回の目的はあくまで友人にマイルを譲渡することであり、本サイトに載せているようにJALマイルを貯める仕組みが作れれば正直マイルは余るようになります。

JALマイルは3年で失効してしまうので僕は余らせて失効してしまうくらいであれば多少コスパが落ちようが友人との楽しい旅の思い出に使った方が有意義なのでは、というスタンスです。

もちろん一番いいのは友人にもJALマイルの貯め方を教えてあげてそれぞれのマイルで一緒に旅行に行くことだと思います。

しかし僕も友人にマイルの貯め方を教えた経験が何度かありますが教えても本気で貯めようとする人はそれほど多くありません。

本気で貯めようと思わなければ年5万マイル貯めるのもきついでしょう。

また旅行は行きたい時に行くのが正解だと思います。

マイルは10万マイル貯めようと思ったら思い立った日から最低3ヶ月はかかります。

3ヶ月たったらシーズンも変わってしまい行きたい場所も変わっているかもしれません。

それに彼女や友人の分を自分のマイルを消費して出してあげる機会というのは意外と多いと思います。

誕生日や記念日などがそれに当たります。

というわけでe-JALポイントとおともdeマイル割引を組み合わせる方法ぜひ活用してみてください。

また行きたいと思った時に旅行に行けるようにJALマイルをこつこつ貯めておきましょう。

ポイントサイトを活用して譲渡

ANAマイル同様ポイントサイトを活用してJALマイルに変換する前の.moneyギフトコードを譲渡して受けとった人にそれをJALマイルに換えて貰えば間接的にJALマイルを譲渡できます。

スカイマイル

デルタ航空のスカイマイルは購入はもちろん、贈り物としての贈与やすでに所有しているマイルの他会員への移行が行えます。

スカイマイルを購入する際には1マイルあたり$0.035で購入可能です。1000マイル35ドルということで仮に1ドル100円だとすると1マイル3.5円の計算になります。

国際航空券のビジネスクラスに使う場合はお得と言えますがそれ以外の場合は購入によって貯めるメリットは少ないです。

強いて言うならば目的の特典航空券を手に入れるマイル数に足りない場合に使うことがある位でしょう。

またデルタ航空では、自分の持っているマイルを他人に譲渡したい場合「トランスファーマイル」というサービスを使って家族や友人の口座にマイルを移行することができます。

デルタ航空のトランスファーマイル
年間譲渡限度数 150,000 マイル
1 回の手続きで譲渡できるマイル数 1,000 マイル~最大 30,000 マイル
1 回の手続きでマイルを譲渡できる人数 4人
譲渡機関 即日
譲渡手数料 $0.01
処理手数料 1回の手続きにつき $30.00

また最初からお金でマイルを買いプレゼントするギフトマイルというサービスもあります。

トランスファーマイルと異なり処理手数料はかかりませんが譲渡手数料が多くかかります。

デルタ航空のギフトマイル
年間最高譲渡数 60,000マイル
1 回の手続きで譲渡できるマイル数 2,000マイル~最大60,000マイル
1 回の手続きでマイルを譲渡できる人数 4人
譲渡機関 即日
譲渡手数料 $0.035
処理手数料

ユナイテッド航空マイル

ユナイテッド航空のマイレージプラスでもマイルを他人に譲渡することができます。デルタと同じ「トランスファーマイル」という名称です。ユナイテッド航空のHPでマイルを受け取るマイル会員の会員番号と名前を入力するだけで簡単に譲渡できます。

以下ユナイテッド航空のトランスファーマイルに関する情報です。

ユナイテッド航空のトランスファーマイル
年間最高譲渡数 100,000マイル
1個の口座に移行できる年間最大譲渡数 25,000マイル
1 回の手続きで譲渡できるマイル数 2,000マイル以上1,000マイル単位
1 回の手続きでマイルを譲渡できる人数 3人
譲渡機関 48時間以内
譲渡手数料 1,000マイル毎に$15
処理手数料 1回の手続きにつき $35

ユナイテッド航空の場合、1年で1人に対し25,000マイルまでマイルを譲渡でき、1マイルにつき0.015ドル(USD)がかかり、手続き一回につき35ドルの手数料がかかります。(合計で1年で10万マイルまで移行可能)

手数料を考えると、マイルの状態で譲渡するよりも、マイレージ・プラスの特典(マイルではない)に交換してから譲渡することをおすすめします。

マイレージ・プラスでは特典を友人や家族に譲渡することが可能でホームページ上から友人や家族へプレゼントする特典旅行の予約と発券もできます。

ブリティッシュエアーウェイズマイル(Aviosポイント)

ブリティッシュエアーウェイズのマイル(Aviosポイント)も購入や譲渡可能です。

移行マイル数 購入料金(アメリカドル)
0~
999
1,000マイル未満の
移行は不可
1,000~
6,000
$45
7,000~
12,000
$110
13,000~
18,000
$170
19,000~
24,000
$230

※残高マイル数(Aviosポイント数)がゼロの口座には、マイルを移行することはできません。

Aviosポイントを直接貯めることが出来るクレジットカードは国内にないため通常アメックスから移行することになります。

マイルを友人に譲渡する方法まとめ

今回紹介していない航空会社でも外資系の航空会社は基本的にマイルの譲渡が可能です。

ただ細いサービスなどを考えるとANAやJALのクオリティは世界的に見ても非常に高いと思います。(個人的にはルフトハンザ航空が一番好きですが。)

そのため譲渡する方法を考えるだけでなく友人と一緒に貯めたり、あるいは初めから特典航空券狙いではなくアメックスのスカイトラベラーカード・プレミアなど航空券の購入でマイルが貯まりやすいカードを所有して普通に購入するのも一つの手だと思います。

Web経由でマイルを貯めることに固執しすぎてその時間普通に働いて航空券購入した方がいいんじゃないの?という状態に陥ってしまっている人もよく見かけます。

ポイントサイトで数ポイントしか貯またないようなアンケートに答える案件やゲームをこなしている人がそれに当たります。

もちろん個人の自由なのでそれ自体が楽しいのであればいいのですがマイルを貯めることを目的とした場合それらの方法はあまりに非効率です。

この機会に改めてマイルの貯め方についても見直していただければと思います。

関連記事

  1. おすすめのマイルの使い方

  2. マイル(マイレージ)とは

  3. ANAマイルとJALマイルはどっちがお得か徹底比較!

  4. JALマイルの貯め方・裏技・使い方を徹底検証【年間20万マイル以上貯め…

  5. 無駄にSFC修行・JGC修行をする必要がないと思う3つの理由

  6. エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの違い【値段や広さ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP