起業

月収100万円稼ぐと何が変わる? 実際の生活と達成するまで

月収100万円稼ぐと生活がどんな風に変わるの?

と思っている方のために実際に月収100万円稼いでいる立場からその疑問にお答えしようと思います。

月収100万円達成時の生活について

僕は23歳の時に会社を起こしその時にはすでに月収100万円を達成していました。

性格には役員報酬で月100万円に設定するようになったのはその次の年からなのですが一人で会社を経営していて初年度から年間の利益で1200万円を超えていたので月収で100万円あったと言っていいと思っています。

事業内容に関しては後ほど詳しく説明しますがWeb集客関連の仕事をしていました。

そしてそれまで千葉県の実家の住んでいましたがコンクリートジャングルの中心地とも言える渋谷で一人暮らしを始めました。

その時の家賃は23万円でした。

収入に対して家賃が少し高い気もしましたが、固定収入があるサラリーマンの肩と違って努力すれば努力するだけ収入が増える仕事なので奮起する為にもいい場所に移り住むことにしました。

月収100万円稼いだけど何も変わらない、という意見でブログを書いている方が多いようですが僕の場合は如実に生活が変わりました。

実際渋谷に移り住むことにより経営者や芸能系の知り合いも少しずつ増えていき、六本木や青山方面に飲みに行くことも増えましたがこれはほとんど先輩方の奢りであり、仕事でお世話になっているから呼び出されたら飲みに行っていたというだけです。

本音としては家に引きこもってひたすら仕事を続けたいと思っていました。(この時は渋谷の家を自宅兼事務所にして働いていました)

実際プライベートでは渋谷に移り住んでから3年くらいは一切遊んでいなかったと思います。

特に僕は当時経営者でありながら大学院にも通っていたので日中は学校、帰ったら起きてる時間は全て仕事という感じで月収100万円と言えど家がいいくらいで誰もが羨むような生活とは程遠い生活をしていました。

実際一時的にお金を持って遊んで消えていく怪しい事業をやって稼いでいるような成金社長は山ほどいたので、その人たちを反面教師にしてコツコツ頑張っていました。

とはいえ家賃だけではお金は余ります。

貯金という選択肢もありますが成功者の方の多くが若いうちは貯金をするな、と言っていてそれを真に受けて全て自己投資に使っていました。

  1. 服 20万円
  2. 美容 10万円
  3. 勉強 15万円
  4. 家賃・生活費 30万円

だいたいこのような感じでした。

税金も引くとほとんど残らない計算になります。余ったお金も海外留学などに使い月収100万円ありながらも貯金は一切増えませんでした。

実際自己投資に使った結果収入はその後も増え続けているので正解だったと思いますが服などの物質的なものは正直自己投資という名の言い訳で買ってしまっていただけです。

収入だけを考えればそれらも将来への投資に使った方がもっと早く結果が出ていたのかもしれませんがワークライフバランスは大切なので適度にプライベトーでもお金を使った方がいいと個人的には思います。

その後世間的には高収入を得ているとは言え結局労働時間をお金に換えているに過ぎないと思い起業して3年目くらいから資産収入を増やすことに躍起になります。

月収100万円を達成するまで

起業するにあたって最初はHP制作やネットショップ制作の受託等色々チャレンジしましたが月収100万円達成時にはそれらは行なっていませんでした。

月収100万円達成時の内訳はおおよそ以下の通りです。

  1. アフィリエイト 10万円
  2. Web集客代行 30万円
  3. 物販 40万円
  4. コンサル 月20万円

1日8時間は働いていましたがそのほとんどはその時の収入を作るためではなく将来さらに稼ぐための勉強や計画作りに費やしていました。

実際のその時の収入を作るための労働時間は平均すると1日1~2時間でした。

作業内容としてはクライアントの会社への訪問がほとんどで、その他は最初こそ自分で作業していましたが月収100万円達成時にはそのほとんどを外注化してフリーランスの人をディレクションするだけで自分での作業はほぼしていません。

月収100万円稼げばモテる?

当時23歳ですでに社長だったわけですが経営者であることは言ってもいくら稼いでいるなど一切言ったことはなかったので月収100万円稼いでいればモテるかどうかは分かりません。

しかし渋谷というアクセスがよく人の集まる場所に住んでいたのと出会いの数は多かったと思います。

そこからは個人の力量次第でしょう。

収入を増やすモチベーションは別に何でもいいと思うのでモテたいから月収100万円稼ぎたいと思う人がいてもいいと思います。

周りを見てても月収100万円くらいで遊んでしまうような人であればそれ以上行けていないので月収100万円を達成しても油断せず事業拡大に勤しむことをおすすめします。

それに都内住みであれば月収100万円程度ではそこまでの贅沢は出来ません。

キャバクラなどでお金を使って女性が寄ってくるのは別にモテているわけではないと思いますがそうでなく一般の女性にモテたいという場合でも色々なデートプランを実行したり気軽にプレゼントなどを買う上である程度はお金は必要になってきます。

そう考えると事業を拡大しつつモテるという状態も味わいたいのであれば月収200万円程度は必要になるでしょう。

僕自身現在は月収300万円(税金的には役員報酬設定の上限)を達成しているので月収300万円を稼いで生活がどう変わったかについてもそのうち書きたいと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP