節約術

大手通販ショップの楽天市場 安く商品を買うコツを徹底解説

大手通販ショップの「楽天市場」
CMやスポーツのスポンサーとしてもおなじみの会社ではないでしょうか。総合通販企業としての歴史は古く、さまざまな商品を販売しているだけでなく、保険や携帯電話など生活全般をサポートしてくれる企業に成長しました。
そんな楽天市場で買い物をするのであれば、少しでも安い商品を求めるのが当然の流れです。

そこで、どうしたら楽天市場で安く商品を購入することができるのか、安く買うコツを徹底解説します。

基本的な商品購入において

比較して購入する

楽天に限らず、多くの総合通販ショップで言うことができることですが、商品を購入するときに比較して購入することは大切です。楽天市場は、あくまでいろいろなお店の集合体であり、同じ商品であっても販売しているお店によって値段が違います。
また、送料についても「込み」と表示されているお店もあれば「別途」というお店もあります。お店によっては一定金額以上の商品を購入した際に商品の価格が安くなる「条件付き無料」というケースもあります。
商品の価格は比較しやすいように、比較ページが作成できるので、これを見ながら商品価格の比較を必ずしましょう。そして、比較をする際には商品代金だけでなく、送料まで含めて比較することを忘れないようにしましょう。(大型の商品になればなるほど、送料の負担が大きくなるため)

キャンペーンを活用する

2つ目も商品を安く買うためには欠かせないもので、キャンペーンやセールといった情報を逃さないようにして商品を購入しましょう。楽天市場では、季節に合わせてキャンペーンを行っており、数十%の割引をしてくることも頻繁にあります。
特にクリスマスや新生活が始まるときには大幅な割引キャンペーンをしてくるので、こうした情報を逃さないようにして商品購入をするのも大切です。キャンペーンや大幅な割引に関する情報は、ホームページやメールマガジンなどさまざまなところから送られてきます。普段からこうした情報に目を向けておくのもポイントです。

ポイントは割引と変わらない

楽天市場で商品を安く購入したいときに必ず注目しなければいけないものが「ポイント」です。楽天では「楽天スーパーポイント」というポイント制度を運用しており、商品代金に特定の割合を掛けたポイントが貯まります。このポイントは、1ポイント=1円の価値として次回以降のお買い物に使うことができます。買い物に使いたくない場合にはANAのマイルに交換したり、電子マネーにチャージしたりして使うことも可能です。
注意点は、楽天スーパーポイントには2つの種類があり、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」という名前が付いています。ポイントの価値は同じですが、期間限定ポイントは利用することができる期限が設定されており、これを超えてしまうと失効してしまいます。また、楽天EdyやANAマイルといったような他の提携企業のポイントに移行することができません。

楽天で安く商品を購入するにはポイント割引

楽天で安く商品を買うときの基本パターンは、「たくさんポイントを稼ぐ」「ポイントで値引きをする」この2つの手順になります。

つまり、いかにポイントをたくさん稼ぐことができるのかというのが安く買う大切なポイントになります。

ポイント獲得の多い商品を購入する

では、具体的にどのような方法を取るとよいのでしょうか。
最も簡単な方法が、「ポイント獲得の多い商品を購入する」ということです。

楽天市場で買い物をすると、基本的には商品価格の1%がポイント還元される仕組みになっています。しかし、商品によっては、このポイントが2倍、3倍、10倍というように付与率を変化させています。この倍率は、商品購入のページに記載されており、どれだけのポイントが付与されるのかという具体的な数字も書かれているので、すぐに分かります。
付与率が高ければ、それだけポイントがもらえるので実質の価格は安くなります。

商品価格ポイント付与率ポイント割引分実質価格
5,000円1%50円4,950円
5,000円1%の10倍500円4,500円

さらに表示されている商品価格が高くてもポイント付与率が高いと実質の商品価格が安くなってしまうケースもあります。

【同じA商品を購入した場合】

商品価格ポイント付与率ポイント割引分実質価格
5,000円1%50円4,950円
5,200円1%の10倍520円4,680円

このようにポイント付与率の高い商品を購入するということは、その分だけ実質割引されるのと同じ(実際に割引できるのは次回の買い物時)なのでポイント付与率の高い商品を狙うのがポイントになります。

ただし、1つ注意点としていくらポイント付与率が高いからと言っても、元の値段の高いものを購入していては意味がありません。同じ商品で比較するのであれば「商品価格-ポイント分=実質価格」の実質価格の部分で比較しましょう。

年会費無料で便利な楽天カード

 

楽天市場で商品を安く購入したいと考えるときに欠かすことができないアイテムの1つが「楽天カード」です。コマーシャルなどでもおなじみのクレジット機能付きカードですが、年会費無料で持つことができるのがメリットです。
そして、ポイント還元率が必ず2%以上になります。
例えば、ポイント還元率1%の商品を購入すると、購入ポイントの1%とは別に楽天カードから1%(期間限定ポイント)が付与されます。つまり、常に2%割引で商品を購入することができるお得なカードなのです。メインカードにはならないとしても、年会費が無料なのでサブカードとして保有しておくのが便利です。

商品を安く買うのに欠かせないSPU

楽天で安く商品を購入するときに楽天カードと同じぐらい存在価値の高いものとして「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」があります。


前述した「楽天カード」もこのSPUに影響を与えてきますが、獲得することができるポイントを大幅に増やすことができるので、その分だけ実質の商品価格を下げることができます。
では、どのようにすると獲得ポイントがアップするのか、条件を記します。

条件ポイントアップ率
楽天カードの利用2倍
楽天市場アプリの利用0.5倍

さらにポイントをアップさせたい人は以下のような方法を取ることができます。

条件ポイントアップ率
楽天プレミアムカード・ゴールドカードの利用2倍
楽天銀行で楽天カードの引き落とし1倍
楽天保険の申し込みと楽天カードの保有1倍
楽天モバイルの利用2倍
楽天でんきの利用0.5倍
楽天証券の利用1倍
楽天トラベルの利用1倍
楽天ブックの利用0.5倍
楽天Kobo0.5倍
楽天Pasha0.5倍
Rakuten Fashion0.5倍
楽天TV・NBA Rakuten1倍
楽天ビューティー1倍

これらのSPUを活用することで最大16倍までポイントアップをさせることができます。すべての条件を満たすことは難しいかもしれませんが、満たしやすい条件を達成することで大量のポイントを獲得値引きにつなげることができます。

魅力いっぱいのお買いものマラソン・スーパーセール

楽天市場で最も安く商品を購入することができる時期と言ってよいものが、「お買いものマラソン」「楽天スーパーセール」です。どちらも楽天が力を入れているセールシーズンであり、通常よりも安く商品を購入することができます。
いつ行われるかはホームページやマスメディアなどを通して告知されることが多く、こうした情報を見逃さないようにして買い物をするのが大切です。

 
お買いものマラソンやスーパーセールでは、価格の割引だけでなく、ポイントの上乗せも行われます。当然人気の商品になると早い段階で売り切れになってしまうことが多いので、注意しましょう。
もう1つ注意点として、どちらのセールで商品を購入するにしても安くするには条件が付いていることがあります。例えば「楽天カードでのお支払い限定」や「3つ以上のショップで商品を購入」などと細かい文字ですが注意書きがされています。

特にお買い物をするためにも条件をしっかりと満たすことができるようにしてセールに臨むことも大切になります。

5の倍数日はポイント2倍

大手のショッピングストアーなどでよく行われている特定日のポイント2倍やお得にお買い物をすることができる日ですが、楽天市場でも行われています。
楽天市場で、優遇されている特定日は「5の倍数の日」で獲得できるポイントが2倍になります。具体的には「5日、10日、15日、20日、25日、30日」で、かなりの頻度でポイント2倍デーがあると考えればよいです。少しでも安くしたいのであれば、こうした日にまとめ買いをするのが賢い方法になります。

ポイントサイトを利用して安くする

最後に、楽天市場で安く商品を購入するポイントを使わないやり方を紹介します。
その方法がポイントサイトを利用して買い物をするというやり方です。楽天市場で商品を購入するときに安く購入するポイントとして「楽天スーパーポイント」を挙げましたが、実は少し工夫をするとそれ以外のポイントも獲得する(ポイントの二重取り)をすることができ、もう1つのポイントを現金化することで実質の価格を下げることが可能です。

では、どのようなポイントサイトを利用することができるのかというと「モッピー」「ハピタス」がその代表格です。

  

他にもポイントタウンやポイントインカム、お財布.comなど数多くのポイントサイトと提携をしています。
基本のポイント還元率は1%です。(一部サイトでそれ以下もあるので注意)

使い方も非常に簡単で、自分の好きなポイントサイトのIDを使いサイトにログインをします。そして、サイトの中にある「楽天市場」のバナーをクリックして楽天のサイトに飛び、商品を購入するだけです。年会費や維持費などが必要になるところはほとんどありません。

すると、買い物をした金額に応じて、ポイントサイトのポイントが還元されることになります。

【例 楽天で10,000円の商品をモッピー経由で購入する 楽天の還元率が1%のとき】

楽天で買い物をしたことによるポイント100ポイント
モッピーのポイント100ポイント
合計200ポイント

モッピーの場合、貯まったポイントは、ゆうちょ銀行などを経由して1ポイント=1円で現金化することができます。つまり、ポイントサイトを経由して買い物をするだけでも実質1%の割引を受けることができます。
ポイントサイトでも、サイトによってボーナスポイントが加算されたり、楽天市場での買い物におけるポイント付与率がアップしたりするケースもあるので、できるだけ付与率が高いサイトを利用して買い物をするのがおすすめになります。

まとめ

  • 大手通販ショップの楽天で商品を購入するとき、できるだけ安く商品を購入したいのであれば、同じ商品を比較して価格を安いものを最初に探します。
  • 2つ目にポイントの付与率を見て、ポイント付与率分を差し引いた実質的な価格を導き出して比較するのが安く購入するこつになります。また、獲得するポイントをアップさせるSPUやセールなどを有効に活用すると大量のポイント獲得ができ、実質の値下げになります。
  • 楽天で商品を購入するときにポイントサイトを経由するとポイントの二重取りをすることができ、ポイントサイトっで稼いだポイント分さらに割引をすることができます。

関連記事

  1. 楽天で商品を安く買う方法【セール・クーポン・楽天カード・ポイントサイト…

  2. 今話題のキャッシュレス決済 マイラー視点で見ると何がおすすめかを徹底解…

  3. SPGアメックス発行で付いてくるゴールドエリートってどんな資格? 魅力…

  4. 楽天の期間限定ポイント 上手な使い方を紹介します

  5. Amazonで商品を安く買えるタイミングと安く買う17の方法

  6. 大手ショッピングサイトのYahooショッピング 賢く安く買うための方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP