マイル・ポイントの貯め方

アフィリエイトでマイルを貯める方法

マイルを貯める方法として多くのサイトで紹介されているのはポイントサイトを使って貯める方法です。

しかし以前転売ビジネスでマイルを貯める方法を載せたようにそれ以外にもマイルを大量に貯める方法はいくつかあります。

今回紹介するアフィリエイトでマイルを貯める方法もそのうちの一つです。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとはASPアフィリエイト・サービス・プロバイダ)を通してWebサイトなどでASPに登録している広告主の商品やサービスを紹介することで、訪問客が商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みのことです。

一昔前は月に5000円以上稼げている人は実践者の5%ほどしかいないと言われていましたが今は実践者の約半数が月5000円以上稼げているというデータがあります。

以下の図は2016年のデータです。月5000円以上稼げている人が48.3%です。

出典:定非営利活動法人アフィリエイトマーケティング協会

後ほど説明しますがこのアフィリエイト報酬をマイルに変換できるポイントで受け取ることができるASPが存在するのでその結果アフィリエイトを活用してマイルを貯めることが出来ます。

月5000円アフィリエイトで稼げれば最低でも月2500マイル稼げることになるので年間で30000マイル貯めることができる、ということになります。

しかも実際のところ月に5000円の報酬を得ることは大して難しくありません。僕自身趣味程度にやっているだけですが月に5万円程のアフィリエイト収入があります。

全てマイルにすると年間で最低でも30万マイルをアフィリエイトだけで貯めている計算になります。

ASPにはA8ネットやafb、アクセストレード、Janetなど色々なASPが存在しますがマイルを貯めるにはその中でもafbを使います。

昔はafbでもアフィリエイト報酬は銀行振り込みでないと受け取れなかったので僕自身実際アフィリエイトで貯めたマイルはそこまで多くないのですが今は全てマイルに変換するようになりました。

ポイントサイトの紹介で貯める、カードの紹介で貯める、転売(輸出入)ビジネスで貯める、アフィリエイトで貯める、のうちどの手法を取ってもいいと思いますが大量にマイルを貯めるにはこのうちどれかは必須になります。

そして転売ビジネスで貯める以外は基本的に全てWebサイトの所有が必要になってきます。

IT系弱い、時間がない、という人には転売(輸出入)ビジネスでマイルを貯める方法をおすすめしますがそれ以外の人は最初安定するまで半年くらいは時間がかかるかもしれませんが一度起動に乗ると安定してマイルを手に入れることが出来るのでぜひこの記事でその方法を学んでみてください。

アフィリエイトでマイルを貯めるのに必要な物

  1. ASP(afb)
  2. ドメイン
  3. レンタルサーバー

ASP(afb)

現在大手ASPの中ではafbと呼ばれるASPのみが報酬をマイルに変換可能なドットマネーギフトコードで受け取ることが可能です。

その他のASPは原則銀行振り込みです。

1000円の報酬を1000ドットマネーで受け取れるのでソラチカカードがあれば900マイル、なければ500マイルとなります。(ドットマネーをnanacoポイント換えると3%増しなどのキャンペーンが行われている場合がありそこからマイルに換えると手に入るマイルが増えますがキャンペーンでの追加分を含まない計算です)

ちなみにafbは報酬をビットコインで受け取ることも出来ます。

ドメイン

ドメインとはインターネット上の「住所」にあたるものでホームページを公開する際に欠かせないものです。

このサイトで言うとmillion-mile.comというのがドメインになります。

通常は料金を支払い1年単位で更新していくのですが無料ブログサービスを使えば自分でドメインを取得しなくてもそのブログサービスに記事を書き広告を貼ることでアフィリエイトを行うことも出来ます。

しかし無料ブログサービスには余計な広告が入りますし、 Googleなどの検索エンジン上で上位表示することが難しいのでマイルを貯めたいという方は最初から独自ドメインを取得することをおすすめします。

レンタルサーバー

レンタルサーバーとは文字通りサーバーを貸し出してくれるサービスのことです。

先ほど紹介したドメインはよく住所に例えられますがサーバーは土地のようなものでWebサイトはそこに建てる家のようなものです。

サーバーとドメインが合わさって初めてWebサイトを構築し、世の中の人の目に触れる形にすることが出来ます。

ここまでの流れを整理するとドメインを取得しレンタルサーバーを借り、Webサイトを作りASPの案件の中から選んだ広告を記事の中に貼り、そこを訪れた人が広告経由で買い物をするとあなたにアフィリエイト収入が入るということです。

アフィリエイトでマイルを貯めるのにおすすめのジャンル

アフィリエイト収入が多いジャンルは当然ライバルも増えるので初心者の方にはおすすめしません。

例えばクレジットカード発行案件やキャッシング案件などがそれに当たります。

他にもエステや中古車買取、FXの口座開設、マッチングアプリなども報酬が高くライバルが多いジャンルです。

それらのジャンルはなるべく外した上で単価報酬2000円以上かつ潰しが効くジャンルを選択しましょう。

条件を満たしていれば何でもOKです。

1件決まって100円のものを20件決めて2000円稼ぐより2000円のものを1件決めるほうがはるかに簡単です。

例えば美容系のジャンルで洗顔フォームを紹介するとします。

派生して美顔器を紹介することも出来ます。

さらにサイトが育てばゆくゆくは高額案件のエステなどでも勝負できるようになります。

このように潰しが効くジャンルを選ばず一つの商品に特化したサイトを作るとせっかくそのサイトを育ててもその商品のアフィリエイト案件としての提供が終了した時に収入が激減してしまいます。

なお一つの商品をピンポイントで狙う場合はのちに紹介するPPCアフィリエイトを活用するのがおすすめです。

おすすめのアフィリエイト手法

一口にアフィリエイトと言ってもWebサイトに広告を貼る方法や、GoogleやYahooに広告を出稿する方法、SNSにURLを貼る方法、Youtubeで紹介する方法など色々あります。

どの媒体がオススメかというとそれはどんな案件を紹介するかにもよるのですが個人的に結果を出しているのはWebサイトに広告を貼る方法とGoogleやyahooに広告を出す方法の二つなのでその方法を中心にシェアしたいと思います。

サイトアフィリエイトでマイルを貯める方法

サイトアフィリエイトでマイルを貯めるにブログサービスを利用するか自分でWebサイトを立ち上げそこに記事を書いていく必要があります。

順を追ってその方法を解説していきます。

サイトの作成方法

サイトアフィリエイトでマイルを貯めるにはWebサイトを持つ必要があります。

はてなブログやFC2ブログのような無料ブログでもサイトアフィリエイトは可能ですがSEO(検索エンジン最適化)を考えると独自ドメイン+レンタルサーバーの組み合わせでサイトを所有した方がいいです。

ここではそのサイトの作成方法を解説します。

まずお名前.comのようなドメイン取得サイトでドメインを取得しましょう。短めで覚えやすい名前にするのがおすすめです。

すでに取得されているドメインは取得できません。アルファベット3文字のドメインなど覚えやすいものはほとんど取得されてしまっています。

次にレンタルサーバーサービスでサーバーを借りましょう。

ドメインを借りるサービスとサーバーを借りるサービスが別の場合ネームサーバーの変更という、初めての方には少し難しい作業が待ってますのでそれが面倒な方は同じ所でドメインもサーバーも借りてしまうことをおすすめします。

ネームサーバーの変更方法はサーバーごとに異なるので各会社のHPなどを参考にしてください。

WordPressの導入方法

自動でインストール

最近のレンタルサーバーは大抵Wordpressの自動インストールの仕組みが備わっています。

例えばクイッカでサーバーを借りた場合、以下のようにコントロールパネル上からWordpressをインストール可能です。

手動でインストール

手動でWordpresをインストールする方法は初心者の方にはなかなかハードルが高いと思いますが一応解説しておきます。

まずWordpressのファイルをWordPressの公式サイトからダウンロードします。

次にレンタルサーバーから送られてくる契約情報から以下のログイン情報を調べます。

ホストの設定名 → 「設定名」を記入(ご自分のわかりやすい名前を入力してください。)
ホスト名(アドレス) → 「サーバ名」を記入
ユーザ名 → 「アカウント」を記入
パスワード/パスワードフレーズ → 「パスワード」を記入

会社によって微妙に呼び名が異なることがあります。

次にFTPソフトと呼ばれるものを使ってサーバーに接続します。

FTPソフトはいろいろありますがWindowsならFFFTP、MacならCyberduck辺りが使いやすいと思います。

以下はCyberduckの画面です。

先ほどのレンタルサーバーから受け取った情報を入力してサーバーに接続しましょう。

登録してあるドメイン一覧が出てくると思います。

接続後はWordpresを接続したいドメインをクリックするとルートディレクトリと呼ばれる階層に移動するのでwordpressと名前をつけたフォルダを作り(名前はなんでも大丈夫です)そこに先ほどダウンロードしたWordpressのファイルをドラッグ&ドロップしWordpressをインストールしましょう。

インストール後はブラウザの検索バーにWordpressをインストールしたドメイン名を入力することでWordpressの設定画面に飛びますので設定を進めましょう。

まず設定ファイルを作成する、をクリックします。

次にさあ、始めましょう!というボタンをクリックします。

次にWorpressのデータベースを設定する必要がありますが難しく考えず指示通りに進めば大丈夫です。

後で忘れてしまったという場合はwordpressのファイル群の中にあるconfig.phpをテキストエディタなどで開けばここで保存した情報が記されています。

インストールを実行をクリックします。

次にサイトのタイトルやユーザー名、パスワードを入力してください。

パスワードは後でも変更できますがセキュリティ強化のため記号などを組み合わせましょう。

設定が完了するとログイン画面に移行します、これにて完了です。

いかがだったでしょうか、手動だと非常に面倒なことがお分かりいただけたかと思います。

昔はWordpressの自動インストール機能が付いていないレンタルサーバーも多かったので僕も手動でインストールしていましたが最近は自動インストールしかしていません。

レンタルサーバーを借りる場合はWordpressの自動インストール機能が付いているものをおすすめします。

テンプレートの選択

サイトアフィリエイトではサイトのデザインも重要になってきます。

WordPressをインストールした直後の初期のテンプレートでは差別化を図りづらいのでなるべく有料のものを購入するようにしましょう。

僕も学生の頃はなるべくお金をかけたくなかったので無料でデザインのいいものをひたする探し回りカスタマイズしていましたが今思えば時間の無駄でした。

今は1万円もしないでいいテンプレートが色々出ているので最初から購入することをおすすめします。

どうしても無料で済ませたいという方はStingerというテンプレートがオススメです。

記事の書き方

見込み客が検索しそうな特定のキーワードで記事を書くことでそのキーワードでの上位表示を狙います。

例えばこの記事であれば「アフィリエイト マイル」というキーワードでの集客を目指しています。

タイトル中に特定のキーワードを含むだけでなく見出しや本文中に散りばめることによりGoogleのクローラーと呼ばれる徘徊プログラムがこの記事は「アフィリエイト マイル」に関連する記事だな、と判断してくれます。

タイトルにキーワードを含んでも本文で全然関係ない内容を書くとそのキーワードで上位表示される確率が下がります。

どのキーワードが需要があるかはGoogleのキーワードプランナーという無料のツールを使って調べましょう。

例えば「中古車 見積もり」で調べると以下のようなキーワードが検索需要があることが分かります。

ここで単純にツールを使い表示されたキーワード一覧に対し記事を書けば人が集まってアフィリエイト報酬を入手できるかというと違います。

キーワードツールで表示されるのはあくまで検索需要があるキーワードです。

そのキーワードで検索する人がどのような悩みを持っているかを考え解決する必要があります。

アフィリエイト広告を通して商品を購入してもらうには以下のようなセールスファネルの構造を理解しましょう。

中古車に関して検索需要があるキーワードとして「中古車 手入れ」というキーワードがあったとします。

文字通り中古車の手入れに困っている人の為の記事を書くべきなのでいくら商品を売りたいからといって”中古車を売るならどこどこがおすすめです”と言ったような検索意図を理解できていない記事を書くとユーザーはすぐに閲覧を止めてしまいます。

Googleでは記事ごとのクリック率や滞在時間を計測してサイトの上位表示の順位を決めているので仮にタイトルが評価され一時的に検索順位が上がったとしてもそのキーワードで解決したい悩みを検索したい人の意図にそぐわない記事を書いてしまうと滞在時間が減りGoogleの評価も減ってしまいます。

その結果長期的に見ると検索順位が下がってしまうので必ずキーワードにあった答えを用意するようにしましょう。

「中古車 手入れ」のキーワード自体は「中古車 見積もり」と全く関係ないとは言えません。

手入れのコストを考えた上でやっぱりもう手放そうかな、と考える人もいるでしょう。

そのため「中古車 手入れ」の記事はサイト認知用の記事として書き別で「中古車 見積もり」の記事を書いていくのが正解となります。

このようなつながりの発想はツールで得られるものではなく人の心理をいかに理解できるか、いかに人に共感できるかという能力にかかってきます。

PPCアフィリエイトでマイルを貯める方法

PPCアフィリエイトのPPCとは何かというとpay per clickの略で、PPCアフィリエイトとは自分で配信した広告がクリックされた回数分だけ費用が発生する広告を使って集客し、アフィリエイトする手法です。

Yahooのプロモーション広告、Googleアドワーズ広告などのクリックされた回数分だけ費用が発生する広告をPPC広告と言いそれを用いてアフィリエイトすることになりますが最近ではFacebook広告やインスタ広告などを活用する手法もまとめてPPCアフィリエイトと呼ばれることがあります。

またPPC広告はリスティング広告と呼ばれることもあります。

お金をかけて広告を出してそのかかった費用以上のアフィリエイト報酬を得る、というのが基本の図式です。

サイトアフィリエイトと異なりすぐにでもサイトを見込み顧客の方に見てもらうことが出来ますが慣れていないとどうしても広告費が先行して赤字になりやすいので初心者の方にはおすすめしません。

ちなみに広告費の支払いはクレジットカードで行うのでその部分でもマイルが貯まります。

PPCアフィリエイトの仕組み

以下は実際に出稿されているGoogleアドワーズの広告の例です。

広告費はオークション制によって決まるので他にライバルがいないキーワードで出す場合1クリック1円で出せることもありますが競合が多いジャンルでは1クリックに1000円以上かかるものもあります。

また入札単価順にサイトが並んでいるわけではなくサイトのクオリティも評価対象になっているので表示順位は厳密に言えば入札単価×サイトのクオリティで決まります。

afbの案件の中でリスティング可(広告出稿可能)な案件を絞り込み、それに対しランディングページ(一つの商品やサービスを売るための、一枚のWebページ)を作成し広告を出稿するのが一円の流れになります。

その中でコストが合わないものは出稿を取りやめたり反対にもっとコストをかけても採算が合うというものは予算を増やして調整していくことになります。

この調整の部分が意外と重要なので広告を出しっぱなしにして放置している人は失敗しやすいです。

afbでのリスティングOKの絞り込み

リスティング一部NGの場合は以下のように社名やブランド名での入札禁止の制限がかかっていることが多いです。

広告の出稿方法とキーワードの選び方

では実際に取り扱うアフィリエイトプログラムが決まったらそのあとはどうすればいいでしょうか。

以下に広告の出稿方法の手順をまとめました。

  1. ランディングページを制作しアフィリエイト広告を貼る
  2. 広告の出稿場所、出稿方法、キーワードなどを選択する
  3. 広告を出し1日後,3日後,1週間後にチェックする(以降は1週間おきでOK)
  4. 入札価格等の調整を続ける
ランディングページを制作しアフィリエイト広告を貼る

以前はブリッジページ(ペラページ)と呼ばれる広告だけを貼って公式サイトに流す手法が流行っていましたが今ではそれではGoogleではほぼ確実に審査に通らずYahooは出稿はできるもののあとから広告を停止される可能性が高いです。

そのためしっかりとした商品ページを作っていく必要があります。

Googleは特に審査が厳しくアフィリエイトを行うサイトとしては比較・ランキングサイトが成約率が高いことが知られているのですが根拠なくランキング形式で商品を並べたページなども審査で落とされます。

おすすめは比較データを載せつつ1商品を掲載する形です。

例としてアクサダイレクト様の他社とのサービスの比較図を以下に引用させていただきます。

出典:アクサダイレクト

よくランキング形式にして1位から5位までの商品を全部売ろうとする人がいますがそれだとユーザーは迷います。

広告はクリックされた時点で費用が発生しているのでなるべく成約率を高めるにはユーザーの方にストレスなくかつ自然に購入を促す必要があります。

そのため1商品だけを強く勧める形式はふさわしくなく、いくつも商品を載せてその全てを勧める形もオススメできません。

メリットデメリットを比較しつつも1商品を宣伝する形こそがPPCアフィリエイトで最も成約率が高くなる方法です。

広告の出稿場所、出稿方法、キーワードなどを選択する

出稿場所は基本的にはYahooかGoogleになります。

リスティング広告以外にもリターゲティング・リマーケティングと呼ばれる広告もありますがこれは大規模なサイト向けで僕もアフィリエイトでマイルを貯める際には一切使っていないのでここでは説明を割愛します。

キーワードはサイトアフィリエイトの時同様Googleのキーワードプランナーを使いましょう。

サイトアフィリエイトの時と異なるのは商品を今すぐ購入したいと思っている、ニーズが顕在化しているユーザーをターゲットにする必要があるという点です。

サイトアフィリエイトで中古車見積もりのプログラムを扱う際は「中古車 手入れ」のような今すぐコンバージョンにつながらないようなキーワードでも記事を書いてOKでしたがPPCアフィリエイトで同様のキーワードで広告を出すと商品購入に繋がらないため広告費を無駄にしてしまいます。

これがアフィリエイトではなく自社商品のブランディングのため、という明確な目的がある場合はそのようなキーワードに対しても広告を出して見込み顧客を集めてもいいのですがアフィリエイトの場合は勝手が違ってくるというわけです。

なお、ランディングページだけで商品の良さを伝えきるには限度があるので役立つ方法、例えば「中古車 見積もり」のキーワードに対して「中古車を査定よりも10万円高く売る方法」をまとめて一番核となる部分はメルマガ登録をしてくれた人へ特典としてプレゼントしそのメルマガ内で改めて商品を紹介するという応用技も存在します。

その手法はアフィリエイトや自社コンテンツ販売での月収が10万円を超えたあたりから学ばないと却って消化不良を起こすので初心者の方はセオリー通りコンバージョンにつながるキーワードでPPC広告を出していきましょう。

キーワードのマッチタイプには完全一致、フレーズ一致、部分一致の3種類がありますが初心者の方は何も考えずフレーズ一致を選択すれば大丈夫です。

一応理屈として以下の図のように完全一致は設定したキーワードと完全に一致するキーワードでユーザーが検索を行った場合に表示、フレーズ一致は検索したキーワードが含まれていれば表示、部分一致は関連しているキーワードだと判断されれば表示、となっています。

元々広告運用業をしていた経験があるので言えるのですが部分一致は予算が多い会社位しか使いません。

部分一致でキーワードを洗い出して効果が低いものを切り捨てて効果が高いものを完全一致で出す、というセオリーは存在しますが無駄な広告費が出ていくことが多く僕はGoogleを中心とした広告出稿サービスではフレーズ一致しか使っていませんが十分なパフォーマンスを上げることができています。

これはもちろん部分一致や完全一致も何度も使ったことがあるから言えることで初心者の方はどの出稿タイプがいいか悩んでいる時間がもったいないので最初はフレーズ一致のみで、収益に余裕が出てきたら部分一致も試してみるのがいいと思います。

広告を出し1日後,3日後,1週間後にチェックし価格等を調整する(以降は1週間おきでOK)

キーワードごとに赤字になっているものは出稿を取りやめたり入札方式を変更したりしましょう。

慣れないうちは入札単価を間違えて思わぬコストがかかってしまうケースもあるので必ず1日後にチェックをするようにしましょう。

なお1日の予算を設定しておけばそれ以上費用を消費することはありません。

 アフィリエイトでマイルを貯める方法まとめ

  1. ASPはafbを使う
  2. サイトアフィリエイトかPPCアフィリエイトがおすすめ
  3. 独自ドメイン+レンタルサーバーの組み合わせにWordpressをインストール
  4. 競合が多くないジャンルで単価報酬2000円以上のものを選ぶ

現実的なラインとして1年続ければアフィリエイトで月5万円、マイル換算で月最低25000マイルは達成可能です。

特にお金がかかる分PPCアフィリエイトでマイルを貯めるやり方の方は早いうちに結果が出やすいです。もちろんしっかりと勉強した上で取り組まないと赤字になります。

一度やり方を身につければそこら辺の陸マイラーとは比べ物にならないくらいマイルを貯めることができるようになるのでぜひ気長に取り組んでみてください。

関連記事

  1. アシアナ航空のマイルの貯め方

  2. メルカリとポイントサイトを使ってマイルや現金を貯める方法

  3. ANAマイルの貯め方・裏技・使い方を徹底検証【年間70万マイル以上貯め…

  4. アリタリア航空のマイルの貯め方

  5. キャセイパシフィック航空のマイルを貯める方法

  6. カードローンでマイルを貯める方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP