ポイントサイト

陸マイラーに衝撃走る!ソラチカルートが閉鎖!今後の対策は

2019年9月末、陸マイラーに衝撃のニュースが走りました。
LINEポイントから東京メトロポイントへの交換が2019年12月27日15時をもって終了するという情報です。
このニュースは、ポイントサイトを利用してマイルを貯めているマイラーにとっては非常に大きく、いわゆる「ソラチカルート」の閉鎖を意味しています。では、2019年12月27日以降はどんな方法を取ることができるのでしょうか。閉鎖の影響と新しいルートについて紹介します。

ソラチカルートの閉鎖

ソラチカルートとは何か

ソラチカルートとは、ハピタスやモッピーといったポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するルートを示しています。
具体的には、各ポイントサイトで貯めたポイントを「Gポイント」に交換し、さらに「LINEポイント」から「メトロポイント」を経由してANAマイルに交換する方法です。GポイントからLINEポイントまでは等価で交換することができ、LINEポイントからメトロポイントの交換率が90%、さらにメトロポイントの90%をANAマイルに交換することができるので、全体で81%の高い交換率を誇っていることからたくさんの陸マイラーに指示されてきました。

ソラチカルートの根幹が閉鎖

今回発表されたのは、ソラチカルートの根幹ともいうことができる「LINEポイントからメトロポイント」への部分です。

この部分が閉鎖されてしまうと代替ルートがないため、ソラチカルートそのものを使うことができなくなります。

ソラチカルートは、さまざまなポイントサイトのポイントを集約しやすい「Gポイント」「LINEポイント」が含まれていたので、大量マイル獲得には欠かせないルートでした。しかし、扇の要部分が崩れてしまったことにより、2019年12月27日以降はソラチカルートが使えなくなってしまいます。

同時に発表された交換停止先

今回、LINEポイントより発表された交換サービスの停止は、メトロポイントだけでなく以下の交換先も停止になります。

  • dポイント
  • nanacoポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • JALマイレージバンク
  • Amazonギフト券
  • Pontaポイント
  • 選べるeギフト
  • LINE Pay
    現在発表されているのは12月27日までの交換となっていますが、商品によってはこれよりも早く期限となってしまうものもあるようです。

今後の対応策

TOKYUルートが高還元率ルートに

今回のソラチカルート廃止によって、ポイントサイトで貯めたポイントを高還元率で移行することができるルートは「TOKYUルート」となります。現在でもソラチカルートに比べて還元率は劣るものの、交換までの日数は早いとしてマイラーから指示されているルートです。還元率は75%となり現在の81%から比べると6%ほどダウンします。

ポイントサイトによっては使えないところも

TOKYUルートに変更するのはよいですが、サイトによってはTOKYUポイントに交換することができないサイトも発生してきます。
TOKYUルートでは、「ドットマネーからTOKYUポイント」へのルートを利用します。

今回のルール変更に伴って、一部のポイントサイトから高還元率でマイルを移行することができなくなります。「ドットマネー」への交換ができないサイトで

  • ワールドプレゼントポイント(三井住友VISAカード)
  • PeX
  • ECナビ

上記の3つのサイトが該当します。

一方で、「ドットマネー」を経由することができるポイントサイトである

  • ちょびリッチ
  • モッピー
  • Point Income
  • CMサイト
  • ハピタス
  • Getドットマネー
  • ネットマイル
    など

上記のサイトであればTOKYU POINTルートを利用して交換することができます。

つまり、いろいろなポイントサイトを利用している人は、「ドットマネー」を使うことができるサイトにウェイトを置いておく必要があります

TOKYUルートがメインに

TOKYU POINTルート

今回のソラチカルートの停止によって一気に注目を浴びることになるのが「TOKYU POINT」を利用した東急ルートです。
ルートとしてはドットマネーにポイントを集約して、そのポイントをKYOYU POINTに交換します。(交換率100%)、さらにTOKYU POINTからANAマイルに交換します。(交換率75%)このルートは、ソラチカルートに比べれば還元率が下がるものの、ソラチカルートよりも経由するポイントサイトが少ないので、交換日数が短いというメリットがあり知られてていたルートです。

東急ルートに必要なものを用意

ソラチカルートを利用するにあたって東京メトロとANAが発行している「ソラチカカード」が必要であったように、東急ルートを利用するためには「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要になります。「ANAカード」・「TOKYU POINT」・「PASMO」・「クレジット」がセットになっているTOKYU POINTカードは、東急をほとんど利用ない人でも持っていて損はないカードです。


年会費は2,000円+消費税(初年度無料)ですが、マイ・ペイすリボに申し込みをすれば、年会費が751円+消費税まで幻覚することができます。
また、入会時・毎年のカード更新をする際には、継続ボーナスの1,000マイルがもらえるので、年会費以上にお得を感じることができるカードです。PASMOも付帯されているので、交通系の電子マネーとしても十分使うことができます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの発行が終わったら次に準備するのが、「ドットマネー」のアカウント作成です。こちらは一般的なポイントサイトとほぼ同じであるため、メールアドレスさえあればだれでも簡単にアカウントを作ることができます。これで東急ルートの作成は完了です。

東急ルートの注意点

ソラチカルートに替わる新しいマイル交換ルートになる「東急ルート」ですが、マイル交換率が75%になることやANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードがなければ交換することができない以外にも注意点がいくつかあります。

1.「ドットマネー」のポイント期限は半年

東急ルートの要になる「ドットマネー」ポイント有効期限は「6か月後の月末まで」となっています。通常ポイントサイトの多くが1年間の有効期限にしているのに際して、「ドットマネー」では、半年間しか有効期限がないので、ある程度ポイントを貯めてから移行しようと考えている人は注意が必要です。
また、同じルート上にあるTOKYU POINTは有効期限が最長で3年間になります。ANAマイルの有効期限と併せれば最長6年間を使って貯めていくことも可能になります。

 

2.交換上限は月に100,000ポイント

ポイント交換をする時に移行の制約はつきものですが、東急ルートにおいても移行の制約があります。ドットマネーからTOKYU POINTの部分に制約があり、移行できるポイント上限が1か月間に100,000ポイントまでとなっています。(つまりマイル換算にすると75,000マイルまで)かなり多めにとってありますが、たくさんのポイントを一気に移行するときは注意が必要です。TOKYU POINTからANAマイルに移行するときは制約はありません。

3.TOKYU POINTを使えるカードは複数あり

TOKYU POINTを貯めるには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要と説明しましたが、これだけではなく、他のカードを使うこともできます。
TOKYU POINTを貯められるのは以下のカードです。

  • 各種TOKYU CARD
  • JALカード TOKYU POINT ClubQ
  • スーパーICカード TOKYU POINT PASMO「三菱UFJ-VISA」
  • TOKYU POINT CARD

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのように年会費を支払ってまでカードを維持したくないのであれば、ポイントカードの機能だけついているTOKYU POINT CARDがお薦めです。
また、他に自分のライフスタイルに合ったカードがあるのであれば、上記のカードのうちどれでもよいのでカードの発行をするとポイントを貯めることができ、マイル移行が可能となります。

まとめ

  • LINEポイントからメトロポイントまでの交換ルートが2019年12月27日をもって廃止されるので、ソラチカルートを今後利用することができなくなる。
  • 今後はTOKYU POINTを利用した東急ルートがソラチカルートに変わるマイル交換の高還元率ルートになる。
  • 東急ルートを利用するためには、TOKYU POINTカードとドットマネーのアカウントを用意する必要がある。

関連記事

  1. 永久不滅ポイントはどう貯める?貯め方&使い方を徹底解説 

  2. ANAマイルに交換できるポイントは何か 全部まとめてみました

  3. 人気急上昇中のLINEポイント ANAマイラーの必須ポイントはどう貯め…

  4. シンガポール航空のクリスフライヤーを貯める 貯め方を攻略

  5. SPGアメックスのポイントはどう貯める?上手なポイントの貯め方を教えま…

  6. アシアナ航空のマイルの貯め方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP