マイル・ポイントの貯め方

ソラチカカードを使ったANAマイルの貯め方・活用術

マイルを貯めている、あるいはこれから貯めたいと思っている人であれば誰しも一度は耳にしたことがあるであろうソラチカカードについて解説します。

ソラチカカードとは

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)とは、ANAカード、東京メトロのTo Me CARD、PASMO定期券が一体となったクレジットカードです。決済ブランドはJCBになります。

18歳以上かつ本人または配偶者に安定継続収入のある方、もしくは高校生を除く学生の方が申し込むことが出来ます。

年会費は初年度無料、2年目以降は2,160円(税込)となります。また

家族会員の年会費は初年度は無料、2年目以降は1,080円(税込)となります。

ETCカードは無料で QUICPay(無料)、 PiTaPa(年1度利用で無料)も発行できます。

他のANAカード同様入会と継続で1000ANAマイルをもらうことが出来ます。

ANAマイルを効率良く貯める上で必須のカードと言えます。

ソラチカカードのメリット・デメリット

ソラチカカードのメリット

  1. 東京メトロポイントを高変換レート(90%)でANAマイルに変換可能
  2. 年会費が安い(初年度無料、2年目以降1080円)
1東京メトロポイントを高変換率でANAマイルに変換可能

.moneyというサイトをはさみドットマネーギフトコードを東京メトロポイントに換え、東京メトロポイントをANAマイルに換えることで変換率90%で変換可能です。

なおハピタスやモッピーなど有名なサイトは全てポイントを.moneyギフトコードに変換可能です。

2年会費が安い(初年度無料、2年目以降1080円)

ソラチカカードはマイルを貯める上では東京メトロポイントをANAマイルに高変換率で換えてくれる為だけのカードなので年会費が安いということは重要なメリットになってきます。

ソラチカカードのデメリット

  1. 東京メトロポイント→ANAマイルの高変換レートは月2万東京メトロポイント(18000ANAマイル)限定
  2. 普段使いのマイル還元率は低い
1東京メトロポイント→ANAマイルの高変換レートは月2万東京メトロポイント

ソラチカカードを使って高変換率で交換できる東京メトロポイントは毎月2万東京メトロポイント(18,000ANAマイル)限定です。

2普段使いのマイル還元率は低い

ソラチカカードの使用で貯まるOkidokiポイントの還元率は0.5%です。

1%が基準であることを考えるとソラチカカードはカードの使用でマイルを貯める方法としてはふさわしくないことが分かります。

ソラチカカードでマイルを貯める方法

ソラチカカードはポイントを交換していく中であくまで中継地点として活用するカードなのでこのカード自体を持っていればマイルが貯まるというわけではありません。

ソラチカカードで高変換率で交換できるポイントはあくまで東京メトロポイント、そして東京メトロポイントは裏技的に効率良く手にいれる方法は存在しません。

そうなるともう一つ前の段階のドットマネーギフトコードをいかにして手にいれるか、ということが重要になります。

基本的にはポイントサイトのポイント交換やアフィリエイトサイトの報酬受け取りなどで手に入れていくことになりますが色々方法があるので詳しくは以下の記事を参考にしてください。

ソラチカカードのキャンペーン【お得に申し込むには】

ソラチカカードはANAカードの一つなので入会ボーナスで1000マイルが以下のキャンペーンを利用することで獲得マイルを増やすことが出来ます。

ANAマイ友プログラムで500マイル

ANAマイ友プログラムを活用することで500マイルがもらえます。

ただし、マイ友プログラムは他のANAカードを現在1枚も持っていない方のみ対象となるキャンペーンです。

ANAマイルを貯めるのにANA VISAワイドゴールドカードを活用することになる人も多いと思いますが先にソラチカカードを取得してしまうとそちらのボーナスマイル2000マイルが入手できないので注意しましょう。

入会または切り替え、メールアドレスの登録で1200マイル

最大4800マイルとありますがそれはANA JCBプレミアム(プラチナカード相当)を申し込んだ時のボーナスマイルなのでソラチカカードの場合は1200マイルです。

「10マイルコース&MyJチェック」キャンペーンで1500マイル

ソラチカカードは元々1ポイントを5マイルと交換できる5マイルコースに設定されています。1000円の決済につき5マイルがもらえるということです。還元率0.5%です。

しかし10マイルコースに登録すると1000円の決済につき10マイルもらえます。

ただし年会費にプラスで6000円(税別)の費用が毎年かかります。(4/1~翌年3/31)

10マイルコースを設定すると5000 Okidokiボーナスポイント(1500マイル相当)がもらえますがソラチカカードはそれ自体でマイルを貯めるためのクレジットカードというよりは東京メトロポイントをANAマイルに高還元率を維持したまま換えてくれるカードという位置付けなので個人的には不要だと思います。

「支払い名人」の新規登録&利用で1500円キャッシュバック

キャンペーンに登録+支払い名人の新規登録を終えた後で5万円分のカード利用をすると1500円のキャッシュバックとカード決済分の250ANAマイル(5マイルコースの場合)がもらえます。

使用した5万円に対するマイル還元率は3.5%になります。

※支払い名人とは

支払い名人とはリボ払いの設定のことです。

月々の支払い額を低めの金額にしておくと、リボ払いの性質上その額を越えた分に対しては金利が発生してしまいます。

そのため月々の支払額は、カードの利用上限額と同じ額(50万円等)に引き上げておくことをおすすめします。

リボ払いで金利が発生することがキャンペーンや還元率アップの条件になっているカードが多いですがソラチカの支払い名人のキャンペーンでは金利を発生させる必要はありません。

なお支払い名人の設定変更は、JCBのホームページから「My JCB」にログインすれば行えます。

ソラチカカードを使ったマイルの貯め方・活用術

ソラチカカードを持っていることによりポイントサイトや一部のアフィリエイトサイト経由の報酬を年216,000マイルまで効率良く貯められることがわかったかと思います。

家族がいる方は家族の分もソラチカカードを入手することによってよりANAマイルを貯めることもできますがそれでも限界があります。

その際はnimocaカードを活用して効率良くポイントを交換したりあるいはマイルを貯める方法をポイントサイトやアフィリエイトサイト経由のもののみに頼らずカードの紹介や高還元率のクレジットカードを利用したビジネス決済などで貯めていくようにしましょう。

実際海外旅行が好きな人であれば216,000マイルは意外なほど簡単に使い切ってしまいます。

最大で年21,6000マイルで十分という方もソラチカカード単体でマイルを貯めるというよりソラチカカード+ANAカードでマイルを貯めていくことになるのでANAマイルを貯めるのに必要なクレジットカードの記事も合わせてご覧になってみてください。

関連記事

  1. カードローンでマイルを貯める方法

  2. エアカナダのマイルの貯め方

  3. ユナイテッドマイル(Mileage Plus)の貯め方

  4. 20代でセミリタイアを達成した方法とプロセス

  5. マイル(マイレージ)の貯め方【初心者でも確実に年間10万マイル貯めるこ…

  6. 転売ビジネスでマイルを貯める方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP